FC2ブログ
2011/07/25.Mon

おエ~ゴ(英語)とのおつきあい

いまは、夢のような時代になっていますね。

英語に身近にふれ学ぶ機会が驚くほど豊かに!

私、四十路も終盤世代のまだむですが、ちょっと前まで英語をマジにやろうと思えば
途方もなくお金と時間・労力がかかり、何やら遠~い夢の世界だったものです。
PC普及なんて夢のまた夢だった若き頃、英語達人となるには

高価な立地スクールに通う(家庭教師なども含む)
マメにラジオ講座をきっちり続ける
よくよくよく「ざるを得ない」立場となる
etc・・・・・・

よくよくのド根性と先立つものも必須でしたね。
それに、私の子ども時代米ドルと言えば360円というのは、はっきり記憶してる。
それが長い長い時代つづいたよね・・・。
(「アップダウンクイズ」って長寿クイズ番組でも、当初「夢のハワイへ行きましょう」って
司会者さんが語ってたよ。)

海外旅行も庶民には夢。
「兼高かおる世界の旅」を毎週見つつ、うっと~~りしていたあの頃・・・。
当時、本当に本当にごくごく稀に「英語堪能日本人」と「その他大勢・英語皆無」に二分化されてたと思う。

それが今では・・・

パソコンは一人一台。
外出しながらiPhoneでも出来たり。
辞書は電子辞書が当たり前。
(2~3分前にやったたどり着いたページを又「え~~と、たしかこの辺・・・」
なんて紙を指でさぐりつつめくる作業なし(-"-))
そして、考えられない円高・ドル安。(昨今、米ドルは特に凄い(゜_゜))
「海外留学」なんて、よっくよくの優秀人材かどこぞのご子息か・・・なんてことはなくなり
ちょっと支払えば誰でも可能。
駅前留学とか、高価で豪華な立地スクールに行かなくても
オンラインでパジャマ姿でも自宅から受講出来る。
あり得なかった・・・・
何もかも・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、共感される方、立派な「まだむ世代」のはず^^;。

そして。

時代が変わったいま。

グローバルな言語である英語の需要・必要性・やりたい人口は更に上がっているはず。

見渡してみると、私共世代の場合、あくまで個人的独断と偏見だけど

・学校(または受験用)英語でとっくにアレルギー
・何度かやり直しにトライ。かじっただけで挫折。(やめた)
・既に達人の域。

と、極端に3分化されているような気が・・・・・・・・・(+_+)
なんか、子ども時代にあった(?)「ビンボー・大臣・大大臣」みたいに
中間がない。

と、長くなってしまったけれど、自覚としてそんなドーナツのシンの真ん中にいるような私。
すごく出来もしなければ
全然出来ないってわけでもない。

そんな私のおエ~ゴとのお付き合いを、ボチボチつづってみたいと思います。
スポンサーサイト



お初の挨拶 | Comments(0)
 | ホーム |