FC2ブログ
2011/07/31.Sun

GDM

30代半ばにして出会ったあGDMと呼ばれるメソッド。
いま、懐かしの本を引っ張り出して確かめてみると、書名は
ENGLISH THROUGH PICTURES BOOKとなってる。

私が持っているものとデザインは違うけれど、現代版はこんな表紙。

gdm.jpg

当時の私の持っているものは、もっと遥かにシンプル表紙。
本来、Graded Direct Methodの略としてGDMっていうらしい。
(いま、知った・・・(゜_゜))

ここを通過したことが、今でもエ~ゴにしがみついていられる原点と言っても
過言ではないと思う。
この存在を知ったのはもっとずっと以前なのだけど、なかなか経験できるまでに時間がかかってしまった。
で、実際に経験したところはカルチャーセンター。
なので、立地の立派な語学学校より遥かにリーズナブル
(ただし、「振り替え授業」なんて気の利いたマネは不可だけど。
支払った分が無駄にはならないし、毎週通えるなら
音声カセットも受付でダビング(又、懐かしいい響き)してもらえたし♪)

なんと初版は1945年
今だ、絶版にもならず書店でも見かけたのだから、陰ながらもすごい存在

そもそもある博士とある女史が10年以上かけて研究したものらしく、
初心者が少ない単語で体系的に「英語の骨格」を身につけていくというもの。
(なので、「日常会話用」じゃない。建築の基礎工事みたいな?感覚っぽい。)
確か、当時のアメリカ移民さん達のために実践されたんじゃなかったかな??

日本語の解説等一切なし。
シンプルな絵とシンプルな英文のみで構成。
私はBook 1・2と持っているけど、その両方合わせても語彙は170くらい。
それもホントに繰り返し出てくるので、定着する。

何がすごいったって・・・・
(ご興味おありの方は下記へどうぞ♪^^;)
>>続きを読む
スポンサーサイト



GDM | Comments(2)
 | ホーム | Next »