FC2ブログ
2011/09/27.Tue

漫glish体験

季節も良くなり、ボチボチとオンラインの体験を入れてみたりの今日この頃。
(いちいち空調設定変えずにスカイプを使える♪ ←こんな人は私だけ??!!)

ここのところちょっと受けた体験で印象に残ったというと、「漫glish」さんかしら?
(な~んて、面白いスクール名ざましょ。)

先生はカメラ使用。
軽~く挨拶、英語学習目的とかサラッとやって
ここはマンガ使うから、マンガ教材のいいとこは・・・
とか、「マンガ力」を力説。
「どんなマンガが好き?」と聞かれ、ここのサイト内でも知られているモノと思い
「サザエさん」と。
ところが、通じない(+_+)
で、作者名でMachiko Hasegawa とか言ってもタイプしても通じない
仕方ないので、こちらのカメラもオンにして、手持ちの「バイリンガルサザエさん」の表紙を
見せても(ついでに「バイリンガルいじわるばあさん」まで持ち出したけど)通じない
(スクールで使用される教材マンガには通じているのかと思った・・・・)
で、
「なぜ、そのマンガが好きなの?」と質問。
「面白い。日本人でも、戦後の日本のライフスタイルがわかる」とか言ったら
「へぇ~」と感心。

では、レッスンいってみよ~、となってサイトアドレスが送られ開いてみると・・・・・・・

実は苦手な、イマドキのコミック・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こういうの、見たことないし・・・・(こういう絵柄苦手だし)
私が若いころ親しんでいた少女漫画(コマワリが複雑なもの)
ともイマドキのそれは様子が違うのだよね。

セリフは当たり前に英語なので横書き。
すると、複雑コマワリのなかの一つのコマに複数あるセリフ
どこから読んだらいいのかすら分からない(+_+)(+_+)(+_+)

「あの・・・右からですか?左?」なんて調子に。(声、小さくしぼむ)

まぁ、とりあえず何とかかんとか読んで
ヒロインはどんな感情だとか、それは何でだとか・・・・

興味ない世界のマンガ教材で、読む順番すら分からないって
正直しんどかった

まだ、体験回数残ってるけど、このモードだったら・・・と思うと試せないなぁ。
まだむはつらいよ。
スポンサーサイト



体験オンライン | Comments(2)
 | ホーム | Next »